こだわりたい項目にチェックを付けて、あなたに合う胃痛対策商品を見つけよう!

あなたに合った胃痛対策商品が見つかる!胃痛薬検索

胃痛の原因

【突然起こる胃痛の原因】

急な胃痛の原因とは何でしょうか?
それは、急性胃腸炎の可能性があります。
この症状の特徴として、下痢になることが多いです。
ピロリ菌などの細菌による感染や、暴飲暴食により起こることがあります。
また、ストレスや薬の副作用で引き起こされることもあるのです。
胃痛の症状が酷い場合、胃潰瘍の疑いもあります。

【食後に起こる胃痛の原因】

食後に起こる胃痛は、食べ過ぎによるものです。
過剰に食べてしまうと、胃の大きさは何倍にもなってしまいます。
この状態は、食べたものが十二指腸に送れない排出障害になっています。
つまり、消化不良が原因となっているのです。
食材による細菌感染であれば、食中毒と診断されます。

【空腹時に起こる胃痛の原因】

空腹時の胃痛は、胃酸の過剰分泌が原因です。
この状態では、消化機能が間に合わず胃酸が余計に分泌されるのです。
胃酸が多くなると、胃の粘膜が傷つき胃痛へと繋がります。
胃の粘膜の水分が少なくなり、粘膜細胞がダメージを受けるのです。

【ストレス性の胃痛の原因】

胃痛の原因で、最も多いのがストレス性の胃痛です。
ストレスは脳に刺激を与えます。
その刺激が胃に緊張を与え、胃痙攣を起こすことがあります。
胃痙攣は病気と思われがちですが、発作として分類されています
極度のストレスは、胃潰瘍となることもあるので注意が必要です。

【病気による胃痛の原因】

激痛になる胃痛は、胃ガンの可能性もあります。
胃ガンは、早期発見で治療することができる病気です。
毎年、健康診断を行うことで早期発見・早期治療ができます。
ガン細胞は人間の誰しもが持っています
発病の有無で分かれていますが、誰しもガンになる可能性があるのです。

胃痛は、突然起こると対処できる人が少ないです。
知識が不足している状態で、自己判断による薬の服用や放置は危険です。
このサイトは胃痛にお悩みの方に情報を提供し、症状や体にあった胃痛薬を見つけてもらうことを目的としています。

比較で探す胃痛薬診断へ

東洋医学は胃痛に強い!漢方で直す胃痛・胃炎

ストレスの多い現代社会で、胃痛や胃炎に悩まされている方は少なくないでしょう。
どうしようもなく胃が痛いときに、薬局などで胃薬を買う方も多いはずです。

【西洋薬のデメリット】

西洋薬は短期間の服用で、サッと治すには良い方法です。
しかし、胃痛には痛みの原因があります。
一時的に痛みだけを抑えたとしても、原因がそのままだと再発してしまうのです。
再発を起すと、再び西洋薬を服用することになります。
その結果、西洋薬をしょっちゅう飲んだり長期間飲まなければならないことが少なくありません。
胃痛の対策によく使われる胃薬には、主にH2ブロッカーと呼ばれる成分が配合されています。
効き目はしっかりしていますが、副作用が多い成分でもあるのです。
胃酸を抑えるだけではなく、白血球や血小板の増産も抑えてしまいます。
そのため、感染症を起しやすくなってしまうのです。
高齢者の場合、せん妄や全身のけいれんなどを招く場合があります。
せん妄とは、認知症のような症状です。

【漢方で胃痛を治そう】

このように西洋薬では、副作用が心配されます。
そために、自己判断で安易に服用し続けるのは問題だと言えるのです。
そこで登場するのが、東洋医学の漢方です。
漢方の場合、急性の胃痛と慢性の胃痛を別にして考えます。

【冷えに効く漢方】

冷えが原因の場合は、安中散(あんちゅうさん)が効きます。
身体を温め、痛みを止める作用も強く胃酸過多にも効果的です。
激しい痛みで冷やすと、痛みがますような場合は安中散を飲みましょう。

【食べ過ぎに効く漢方】

暴飲暴食が原因の場合は、晶三仙(しょうさんせん)が効果的です。
いわゆる消化酵素剤になります。
自然の生薬だけが配合されているので西洋薬の消化剤より安心して飲むことが出来ます。
胃酸が逆流してきたり胃の内容物を嘔吐する場合は晶三仙を飲みます。

【ストレスに効く漢方】

ストレスが原因となっている場合は柴胡疏肝散(さいこそかんさん)がおすすめです。
気のめぐりを良くする作用と痛みを止める作用があります。
ストレスを感じるたびに痛くなる場合にはおすすめの漢方です。

副作用も少なく穏やかに効き目のある漢方で、気になる胃痛を解消しましょう。

JPS 胃痛の人

当サイトアンケート調査&売上げ、口コミランキング!1位の商品詳細は?
なぜ売れるのか?なぜ効果があるのか?すべてがここでわかる!

生薬製剤イツラック詳細はこちら>>>